和風挙式

定番人気の洋風挙式も良いですが、日本人に生まれたのなら和風挙式も捨てがたいですよね。

最近ではドレスではなく、着物を着たいという若い女性も増えています。

和風挙式

神社で執り行われる和風挙式。神様の前で愛を誓うので神前式と呼ばれます。新郎は紋付き袴、新婦は白無垢か色打掛を身に纏います。有名な神社で行うのも良いですが、七五三の時にお世話になった神社がある、先祖代々の氏神様がいる、など家族にとって縁のある神社で挙式を行えるのも魅力の一つ。

式では「三々九度の杯」が行われ、両家が親戚になる儀式を行います。神前式では新郎新婦が夫婦になることだけでなく、両家の結びつき、絆を深めるという意味合いも深く込められています。また、一般的に神前式は教会で行う洋風挙式よりも費用が抑えられる傾向にあります。